“白旗”揚げぬトランプ氏を説得?一家の動向に注目[2020/11/08 18:05]

 バイデン氏の勝利確実となったアメリカ大統領選挙。ただ、最終決着の鍵を握っているのはトランプ大統領かもしれません。トランプ大統領は今後、具体的にどんな動きを見せるのでしょうか。ワシントンから報告です。

 (中丸徹記者報告)
 今、決まっているのは、とにかく集計の方法ににケチを付けて訴訟を起こし、負けを認めないということだけです。トランプ大統領は今後の作戦についてこれから陣営と相談していくという情報があります。つまり、明確な戦略はないということです。一方で、絶対に負けを認めないトランプ大統領の外堀は徐々に埋まりつつあります。バイデン氏の勝利確実とメディアが報じてからは、次々と身内の共和党の議員からも「トランプ大統領は負けを認めるべきだ」という声が上がっています。そして、CNNによりますと、トランプ大統領が最も大切にしている長女・イバンカ補佐官の夫で政権にも入っているクシュナー上級顧問がトランプ大統領に負けを認めるよう持ち掛けたということです。これまではファミリーがトランプ大統領を励ましているという情報でしたが、ついにファミリーからも諦めの声が聞こえるようになってきた模様です。これではとてもではないですが、来年1月6日まで心が折れずにいけるとは思えません。トランプ大統領の首に鈴を着けられるのはイバンカ補佐官という見立てもあるなか、その夫が説得を始めたというのは、かなり重要な情報かもしれません。いずれにしてもトランプファミリーの動向が注目です。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2020

こんな記事も読まれています