バイデン氏がもらい泣き 看護師女性の話に感極まり[2020/11/19 15:03]

 アメリカ大統領選挙で勝利を確実にしたバイデン氏が18日、新型コロナウイルス患者の治療にあたる医療従事者との懇談中に感極まって涙を流す一幕がありました。

 政権移行の準備を進めるバイデン氏は新型コロナ治療の最前線で働く看護師らとのオンラインミーティングに参加し、アメリカの医療現場の現状を聞きました。ミネソタ州の病院で働く看護師の女性が「病院では医療用マスクを何度も再利用せざるを得ず、皆、命を懸けて治療にあたっている」と声を震わせて話すと、バイデン氏はもらい泣きし、「感情が高まってしまった」と涙を拭きながら話を聞く一幕もありました。トランプ大統領は今も敗北を認めておらず、バイデン氏は政権引き継ぎが遅れれば新型コロナウイルスで死者がさらに増えることになると批判しています。ジョンズ・ホプキンス大学の集計では18日までのアメリカの死者は25万人を超えています。

こんな記事も読まれています