「失明に気を付けよ」中国が「FIVE EYES」に猛反発[2020/11/20 08:14]

 アメリカやイギリスなどの5カ国からなる「FIVE EYES」が香港問題で中国を批判したことに対し、中国政府は「目を突かれて失明しないよう気を付けよ」と強い言葉で反発しました。

 中国外務省報道官:「中国の主権と安全、発展の利益を損なうなら、目を突かれて失明しないよう気を付けよ」
 機密情報を共有し、FIVE EYESと呼ばれるアメリカとイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国は、香港の民主派議員4人が議員資格を剥奪(はくだつ)されたことに共同で懸念を表明していました。これに対し、中国外務省の報道官は会見で「EYES」が「目」を意味することを皮肉る形で、「失明に気を付けろ」と牽制(けんせい)しました。さらに、香港は中国の内政問題だとし、「批判や口出しには断固反対する」と反発しました。

こんな記事も読まれています