ロンドン名物タクシーの“墓場”出現 利用者減で…[2020/11/24 12:11]

 イギリスでは新型コロナウイルスの影響でタクシーの利用客が激減しています。使われない車両が郊外に放置され、部品が盗まれるなどの事件が起きています。

 新型コロナによる需要の減少でロンドンの名物タクシー「ブラックキャブ」が200台以上、郊外に留め置かれています。約60台が部品を盗まれるなどの被害を受け、被害総額は日本円で1600万円以上になっています。イギリスではタクシーの登録台数は6月に比べて約2割減り、運転手の約8割が休業状態だということです。

こんな記事も読まれています