韓国情報機関「北朝鮮はトランプ氏と関係失い不安」[2020/11/27 15:17]

 韓国の情報機関「国家情報院」はアメリカ大統領選挙の後の北朝鮮について「トランプ大統領との信頼関係が意味を失い、不安を感じている」という見方を明らかにしました。

 国家情報院は27日、国会の情報委員会で北朝鮮に関する分析を報告しました。委員会出席者によりますと、北朝鮮は大統領選挙の後、在外公館にアメリカを刺激しないよう指示を出して問題が起これば大使の責任を問うと伝えたということです。また、選挙の後、北朝鮮メディアで関連報道がないことに触れ、北朝鮮が「バイデン氏との首脳会談に期待しつつもトランプ氏と築いた関係が無用の長物となり、ゼロからのやり直しに不安を見せている」という認識を示しました。

こんな記事も読まれています