英「TOPSHOP」破産申請 新型コロナで売り上げ低迷[2020/12/01 07:57]

 イギリスのファッションブランド「TOPSHOP」を運営する会社が新型コロナによる売り上げの低迷などから破産を申請しました。

 破産管財人に指名されたデロイトによりますと、かつて日本にも進出していた「TOPSHOP」などを展開するイギリスの親会社「アルカディア」は30日、破産申請の手続きに入りました。イギリスでは2度にわたりロックダウンが行われるなど新型コロナウイルスの影響が長引くなか、「TOPSHOP」をはじめとするファッションブランドの売り上げが大きく低迷しました。イギリスメディアはアルカディアは3000万ポンド、日本円で約41億円の融資を求めていましたが、資金調達に失敗したと伝えています。当面、店舗の営業は続けるとしていますが、最大で約1万3000人の雇用が失われる可能性があります。

こんな記事も読まれています