「意識が高い」チンパンジー 自分で小屋をお掃除[2020/12/03 07:45]

 動物園のチンパンジーが自分で小屋の中を掃除する映像が公開され、「意識が高い」と話題になっています。

 ほうきとちり取りを使って丁寧に床を掃除しているのは、旧ソビエトのエストニアにある動物園で暮らすチンパンジーです。3年前に飼育員が清掃の途中で道具を置いて帰ってしまったことが自ら掃除をするきっかけになったとみられています。なかでもメスのベティ(30)は、1991年に保護された際には喫煙していたうえ、フライドポテトしか食べないなど行動面で問題がありましたが、現在は窓の掃除もこなすようになり、健康状態も良好だということです。この映像を先月30日に動物園が公開すると、現地では「意識が高いチンパンジー」として大きな話題になっています。

こんな記事も読まれています