韓国・文大統領、支持率4割切る 経済+内紛影響か[2020/12/03 16:52]

 韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が3日に発表され、37.4%と就任後、最低を更新しました。残りの任期1年半で岩盤支持層の支持離れも始まっています。

 世論調査会社「リアルメーター」によりますと、文大統領の最新の支持率は先週の同社調査から6.4ポイント下げて就任後、最も低い37.4%でした。不支持は57.3%(+5.1ポイント)で、こちらも就任後、最も高くなりました。支持急落の理由は不動産価格の高騰や大卒者の低い就職率など従来からの経済面での低評価に加え、法相と検事総長による政権内での「内紛」が影響したとみられています。先週に発表の別の会社が実施した世論調査でも支持率は40%で、就任後最低だった39%に迫っていました。

こんな記事も読まれています