中国「シノファーム」ワクチン ペルーで治験中止[2020/12/13 15:08]

 南米ペルーで中国製の新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験で神経性の症状が出たため、治験が中止されていたことが分かりました。

 ロイター通信などによりますと、ペルーでは約1万2000人が参加して中国の国営製薬大手「シノファーム」が開発したワクチンの臨床試験が行われていました。あと数日で完了する予定でしたが、64歳の参加者の1人に足の筋力が低下する症状が見られたということです。ペルーの保健当局は11日、この参加者の健康状態に問題はないとしたものの、臨床試験を中止すると発表しました。シノファームのワクチンについては、UAE(アラブ首長国連邦)が臨床試験の結果、86%の有効性が確認できたとしています。

こんな記事も読まれています