米ペンス副大統領がファイザーのワクチンを接種[2020/12/19 10:20]

 アメリカのペンス副大統領が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けました。

 ペンス副大統領はカレン夫人とともにファイザー社のワクチンの接種を受け、ワクチンの安全性をアピールしました。政権内ではポンペオ国務長官が自主隔離に入るなどしていて、危機管理と政権運営の継続の観点からワクチン接種の必要性が指摘されていました。しかし、すでに新型コロナへの感染を経験しているトランプ大統領は態度を明確にしておらず、政権運営を担うホワイトハウスのスタッフが優先的に接種を受けることにも反対していると伝えられています。一方、来月20日に大統領に就任するバイデン氏は、ハリス次期副大統領とともに来週にも接種を受ける予定です。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2020

こんな記事も読まれています