吉本興業と中国企業がタッグ 文化の発信施設建設へ[2020/12/26 10:14]

 日本の吉本興業と中国の企業が中国文化を発信する施設を日本国内に建設することで合意し、調印式を行いました。

 調印式は25日夜にオンライン形式で行われ、吉本興業の岡本昭彦社長と文化交流イベントなどを手掛ける中国企業の幹部が参加しました。
 吉本興業・岡本昭彦社長:「こういう形で日中文化交流を促進していけることについては非常に喜んでおります」
 調印にあたり、岡本社長は「2025年の大阪万博に向けて中国をはじめ、世界との文化交流を促進したい」と抱負を述べました。今回の合意は中国側からの働き掛けで結ばれたもので、演劇やお茶など中国文化を発信する施設の日本国内への設置を目指しています。中国側は「中国の伝統文化を海外に広めるのは多くの仲間の夢だ」と期待を示しました。

こんな記事も読まれています