サンタ役通じ集団感染 ベルギー介護施設の27人死亡[2021/01/01 18:17]

 ベルギーの介護施設で12月、サンタ役の男性を通して新型コロナウイルスの集団感染が発生した件で感染者は130人に増え、入居者27人が死亡していたことが分かりました。

 ベルギー北部のフランダース地方にある介護施設で先月初め、クリスマスのイベントでサンタ役を演じた男性を通じてウイルスが広まり、集団感染が発生しました。現地の行政当局は31日、介護施設での状況について入居者88人とスタッフら42人が感染し、入居者27人が死亡したと明らかにしました。サンタ役を演じた男性は入居者の息子で無症状でしたが、クリスマスの催しの後に陽性が判明しました。その後、入居者やスタッフの陽性者が相次ぎ、160人近い集団感染に繋がったとみられています。ベルギーの新型コロナウイルスの感染者は約65万人で死者は1万9528人と深刻な状況が続いています。

こんな記事も読まれています