ロシアと特徴が同じ変異種を中国・河北省で初確認[2021/01/07 23:36]

 中国・河北省でロシアで確認された新型コロナの変異種と特徴が同じウイルスが初めて見つかりました。

 中国疾病予防コントロールセンターは6日、河北省の感染者2人からロシアで確認された変異したウイルスと遺伝子配列の特徴が同じウイルスが初めて見つかったと発表しました。

 首都の北京を取り囲む河北省では6日、新たに120人の新型コロナへの感染が確認されました。

 5日間で感染が234人に広がっていて、年末に開かれた250人規模の結婚式でクラスターが起きた可能性が指摘されています。

 感染拡大を受けて河北省の一部の地域は封鎖され、市民の移動を強制的に止めて大規模なPCR検査を実施しています。

こんな記事も読まれています