東京五輪「確実だとは言えない」 IOC重鎮が見解[2021/01/08 15:43]

 IOC(国際オリンピック委員会)の重鎮の委員が、東京オリンピック開催に「確実だとは言えない」と明らかにしました。

 イギリスのBBCは7日、IOCのディック・パウンド委員が7月に延期された東京オリンピックの開催について、「新型コロナウイルスが急拡大していて、私は確実だとは言えない」との見解を報じました。

 一方、出場する選手についてワクチン接種が優先され、日本への入国前に必ず接種すべきだと主張しています。

 バッハ会長は今月1日、年頭のあいさつでオリンピック開催に強い意欲を示したばかりで、委員のなかでも異なる意見があることが如実になった格好です。

 パウンド氏はIOCで最も長く委員を務めている重鎮のメンバーです。

こんな記事も読まれています