「呼吸器付けなければ死んでいた」英・コロナ患者[2021/01/09 11:27]

 新型コロナウイルスの感染が急拡大するイギリスで入院中の患者が死者が相次いで医療崩壊寸前となっている病院の惨状を訴えました。感染拡大の深刻さを考えてほしいとしています。

 集中治療室に入院中のアリー・シャーロックさん:「2日前、人工呼吸器をつけなければ死んでいたと言われました」

 シャーロックさんは2週間にわたり、イギリス西部のグロスターの病院に入院しています。

 現在は回復傾向だということです。

 アリー・シャーロックさん:「本当に恐ろしいです。私の家族全員が陽性でした。6歳と8歳の子どもたち、70歳の母親、ぜんそくを患っている夫の全員が去年のクリスマスの日に陽性と判明しました。私の病状は本当に本当に悪かったです。今も集中治療室にいます。これが現実です。本当に今、起きていることです。私は体調良好で健康でした。家族とともに人生を歩んでいたんです。しかし、新型コロナウイルスは完全に私を打ち負かしました」

 イギリスでは、「新型コロナウイルスの感染拡大は政府の嘘だ」という陰謀論がSNSを中心に広がっています。

 シャーロックさんは、病院で起きている現実を見てほしいと医師が撮影した映像を公開して訴えました。

 アリー・シャーロックさん:「これが今、起きていることです。深刻です。もし人々がこの事態を深刻に捉えなければ医療は崩壊するでしょう。本当に重要なことなんです。ソーシャルディスタンスを守りましょう。愛する人を守るためにできる限りステイホームをお願いします。お願いですから、お願いですからルールを守って下さい。政府のプロパガンダではありません。これは毎日、病院で起きていることなんです。私は入院中、ベッドの両サイドの人たちが死んでいくのを見ました。高齢ではありませんでした。家族や子どももいる人たちでした」

 現在、イギリスは医療崩壊直前の状況で、集中治療室、一般病床ともにほぼ満床だということです。

こんな記事も読まれています