トランプ氏のアカウント停止 「問題」と独首相懸念[2021/01/12 07:40]

 ドイツのメルケル首相は、ツイッターがアメリカのトランプ大統領のアカウントを永久停止したことに「問題がある」と懸念を示しました。

 ツイッターは8日、アメリカでの議会乱入事件後も暴力をあおるリスクがあるとしてトランプ大統領のアカウントを永久に停止しました。

 これについてドイツ政府の報道官は11日、メルケル首相が「問題だと考えている」と明らかにしました。

 表現の自由への介入はSNSの管理者による決定ではなく、法律や議会が定めた枠組みのなかで許されるとしています。

 メルケル首相は議会乱入事件そのものについては怒りと悲しみを表明していて、選挙結果を認めないトランプ大統領の姿勢を批判しています。

こんな記事も読まれています