トランプ大統領 議会襲撃事件の責任を否定[2021/01/13 06:23]

 アメリカのトランプ大統領は支持者による議会襲撃事件を巡り、弾劾(だんがい)訴追決議案が提出されたことについて自らの責任を否定しました。

 トランプ大統領:「弾劾については政治史上最大の魔女狩りが続いている。馬鹿げている。本当に馬鹿げている」

 野党・民主党は議会襲撃事件でトランプ大統領が支持者をあおったとして非難していますが、トランプ氏は「分析の結果、私の発言は完全に適切だったとされている」と反発しました。

 また、20日のバイデン氏の就任式に向けて支持者が過激な行動に出る可能性を念頭に、「我々は決して暴力を求めていない」とも述べました。

こんな記事も読まれています