ロシアが北方領土で射撃訓練実施へ 日本政府が抗議[2021/02/05 10:07]

 ロシア軍が北方領土の国後島の沿岸で射撃訓練を行うと通告し、日本政府が抗議しました。

 日本の政府関係者によりますと、ロシア軍は4日までに日本政府に対し、5日から国後島の沿岸で射撃訓練を行うと通告しました。

 訓練の具体的な内容や規模は分かっていませんが、27日まで断続的に実施されるということです。

 これを受けて外務省は4日、「北方四島でのロシア軍の軍備拡大につながるもので、我が国の立場と相いれない」として、ロシア政府に抗議しました。

 北方領土返還運動の推進を図るため日本政府が制定した「北方領土の日」を7日に控えるなか、ロシア側としては実効支配を誇示する狙いがあるものとみられます。

こんな記事も読まれています