米大統領演説受け「中国は世界平和を守る国」と強調[2021/02/06 10:06]

 アメリカのバイデン大統領が中国を名指しして「権威主義体制に対抗する」と演説したことを受けて、中国外務省は「中国は世界の平和を守る国だ」と強調しました。

 中国外務省は会見で「中国は一貫して世界の平和を守る国で国際秩序を守っている」と主張しました。

 そのうえで、バイデン大統領が気候変動問題を優先課題としていることを念頭に、「新型コロナウイルスや気候変動問題などで米中が協力できる分野は広がっている」と期待を示しました。

 さらに、アメリカに「建設的な対中政策」と「中国への歩み寄り」を求めました。

 バイデン大統領は演説で、中国に対して「人権や知的財産への攻撃には対抗していく」とする一方、「国益になる場合は協力する用意もある」としています。

こんな記事も読まれています