不織布と布“二重マスク”に高い効果 米CDCが発表[2021/02/11 10:38]

 アメリカのCDC(疾病対策センター)は、マスクを2枚重ねて着用することで新型コロナウイルスの予防効果が高まるとの実験結果を公表しました。

 CDCが先月に行った実験によりますと、布製や密着していない不織布マスク1枚を着用した場合、いずれも空気中の微粒子の侵入を40%程度、遮断できました。

 さらに医療用の不織布マスクと布製マスクとの二重にした場合、遮断率は92.5%に跳ね上がりました。

 感染者と非感染者のダミー人形が約2メートルの距離で共にマスクを二重に着用した実験では、非感染者が微粒子の侵入を96.4%遮断できたということです。

 アメリカではバイデン大統領らがマスクを二重に着用していますが、その効果が実証されたのは初めてです。

こんな記事も読まれています