習主席「協力が唯一の正しい選択」米中首脳電話会談[2021/02/11 13:56]

 アメリカのバイデン大統領との電話会談で中国の習近平国家主席は「協力が唯一の正しい選択だ」と述べ、米中関係の改善を求めました。

 中国政府の発表によりますと、首脳会談で習主席は「米中は戦えば共に傷付く。協力が唯一の正しい選択だ」と述べたということです。

 さらに、様々なレベルでの対話の枠組みを作ることで「誤解や誤った判断を避けるべきだ」としました。

 アメリカ大統領が交代したタイミングを捉えて米中関係の改善につなげたい狙いとみられます。

 一方で、習主席は「台湾や香港、新疆などは中国の内政問題であり、中国の主権や領土に関わるものだ」と強調し、「アメリカは中国の核心的利益を尊重し、慎重に行動すべきだ」と注文を付けました。

こんな記事も読まれています