毒入り義歯など500点…旧ソ連のスパイ道具が競売へ[2021/02/13 12:16]

 東西冷戦時代に暗躍した旧ソビエト連邦の諜報(ちょうほう)員が実際に使っていた品々が初めてオークションにかけられることになりました。

 オークションを前に、旧ソビエト連邦のKGB(国家保安委員会)の諜報員が使った道具など出品された約500点の一部が公開されました。

 猛毒のリシンを先端に仕込んだ傘や身柄を拘束された場合、諜報員が自ら命を絶つことができる毒入りの義歯などが注目されています。

 また、敵の暗号を解読する機器には日本円で120万円以上の値が付くと予想されています。

 オークションは日本時間の14日にアメリカ・カリフォルニア州で開催されます。

こんな記事も読まれています