ブームの兆し、韓流「KF94マスク」その付け心地は…[2021/02/15 18:42]

 毎日の生活に欠かせなくなったマスクに新たなブームの兆しです。クチバシのような形の“韓流マスク”はご存じでしょうか。

 東京・新宿新大久保。15日、ポップベリーに、ある「韓流グッズ」が2万点、入荷されました。“韓流マスク”。日本では知る人ぞ知る「KFマスク」です。

 特徴的なのは立体構造です。実際に着けてみると、口とマスクの間に隙間ができているので、息苦しさが軽減された気がします。口との間に隙間もあるので、口紅も付きづらいです。

 「KF」とは「コリアフィルター」という韓国の国家機関の基準を満たした規格で、「KF94」なら微細粒子を94%遮断することを表しています。

 KFマスクを輸入する業者は日本でも注目されるのではと話します。

 ソルジェ・小玉智子社長:「通常のマスクは鼻の脇とか頬の脇とかにプリーツの部分に隙間がどうしてもできてしまうので、立体構造にすることで、非常に密着した形で飛沫(ひまつ)を防げる」

 日本でもネット上でこのKFマスクを紹介すると話題に。17万「いいね」が付きました。

 お客:「Kポップのアイドルがしているのを見たことがある」「ちょっと気になります」「店頭であまり見ないので使ってみます」

 実は、「KFマスク」は韓国で大人気ですが、KF94の2月第1週目の生産量は約1億3000枚。人気というか、人気を通り越して、あまりにも一般的なものなんだそうです。

こんな記事も読まれています