南シナ海を艦船で航行計画のドイツに…中国がけん制[2021/03/03 20:42]

 中国外務省は南シナ海を艦船で航行する計画を立てているドイツに対し、「沿岸諸国の主権を損なってはならない」と牽制(けんせい)しました。

 ロイター通信によりますと、ドイツは今年8月にフリゲート艦をアジア地域に派遣し、その帰路に南シナ海を航行させる計画だということです。

 ドイツが南シナ海に艦船を派遣するのは異例で、実現すれば2002年以来となります。

 これに対し、中国外務省は会見で「各国は南シナ海で国際法に定められている航行と飛行の自由を享受する」としました。

 その一方で、「それを口実に沿岸諸国の主権と安全を損なってはならない」とドイツ側を牽制しました。

こんな記事も読まれています