国民に15万円給付へ… 米 200兆円の追加経済対策[2021/03/07 18:12]

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた家計を支援するために、アメリカで一人あたり約15万円の現金が給付されます。

 バイデン大統領:「この法案は新型コロナ克服への道を開く。最も支援を必要としている家庭を助け、一息つく余裕をもたらすだろう」

 アメリカの議会上院は、追加経済対策の修正案を可決しました。

 約1兆9000億ドル、約200兆円の巨額の財政出動となります。

 一人あたり最大1400ドル、約15万円の現金給付を柱に、失業保険の延長や学校の再開を支援します。

 近く下院で可決され、バイデン大統領の署名により成立する見込みです。

 新型コロナの封じ込めが最優先課題のバイデン政権にとって、経済の正常化に向けて弾みがついた形となります。

こんな記事も読まれています