米韓合同軍事演習始まる バイデン政権発足後初めて[2021/03/08 14:26]

 バイデン政権発足後、初めてとなるアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習が例年よりも規模を縮小して8日から始まりました。

 韓国統一省、イ・ジョンジュ報道官:「今回の演習は柔軟かつ最小化された形で進められるため、朝鮮半島平和プロセスを後押しできるよう努力していきます」

 韓国軍などによりますと、訓練は18日まで参加者を最小限とし、コンピュータシミュレーション形式で行われます。

 新型コロナウイルス対策のほか、北朝鮮への刺激を避けたい文在寅(ムン・ジェイン)政権の意向も反映されたとみられます。

 ただ、北朝鮮の金正恩総書記は1月の党大会で改めて演習の中止を求めています。

 今のところ訓練開始への反応はありませんが、今後、ミサイル発射などの軍事的挑発に出る可能性もあります。

こんな記事も読まれています