「ウイグル弾圧は大量虐殺だ」米政府が人権報告書[2021/03/31 10:43]

 アメリカのバイデン政権が世界の人権に関する報告書を発表し、中国による新疆ウイグル自治区での弾圧について「ジェノサイド(大量虐殺)」だと批判しました。

 米・ブリンケン国務長官:「新疆ウイグル自治区ではウイグル族や他の宗教少数派に対し、ジェノサイドが行われた」

 アメリカ国務省は報告書で、「ウイグル族の人々が中国当局による拘束中、または解放後、数週間で死亡したとの報告が多くあった」と発表しました。

 これまでウイグル族の100万人以上が拘束され、強制労働や性的暴行、拷問などが行われたと批判しています。

 また、香港についても「政治的な自由や自治を破壊した」と非難したほか、一部のオンラインゲームでは「香港」や「台湾」などの単語を運営側が検閲したと指摘しています。

こんな記事も読まれています