韓国大統領選の前哨戦 ソウル市長選で与党苦戦[2021/04/06 06:14]

 韓国で1年後に迫った大統領選挙の「前哨戦」とされるソウル市長選挙は、与党候補が苦戦を強いられるなか、6日、選挙戦最終日を迎えます。

 7日、投票のソウル市長選挙では、政府の不動産政策の失敗などで与党には逆風で、直近の世論調査では野党候補に20ポイント近い差を付けられています。

 選挙活動の最終日となる6日、与党側は党や文在寅(ムン・ジェイン)大統領の名前を極力、表に出さない戦術まで繰り出し、不動産問題に敏感な20代から30代の若い世代の取り込みに向けて、最後の攻勢をかけます。

こんな記事も読まれています