コロナ感染の駐タイ大使 ナイトクラブを訪問を公表[2021/04/08 00:45]

 在タイ日本大使館は新型コロナウイルスに感染した梨田和也駐タイ大使について、クラスターが発生したナイトクラブを訪問していたことを明らかにしました。

 大使館によりますと、梨田大使は3月25日にバンコクの大使公邸で開かれた行事の後、日本人やタイ人の関係者8人とともに接待を伴うナイトクラブを訪れたということです。

 ナイトクラブに同行した人物の感染が2日に判明したため検査を受け、3日に陽性と診断されていました。

 大使が感染した事実は3日に公表していましたが、これまで行動履歴は明らかにしていませんでした。

 大使館側は今回の対応について、「タイ側の調査で、このクラブでクラスターが発生したことが判明し、ここで感染した可能性が高いことから公表した」と説明しています。

 バンコクでは4月に入り、再び新型コロナの感染が拡大していて、一部の地域ではバーやカラオケなどの営業を禁止する措置が取られています。

こんな記事も読まれています