USOPC「北京五輪ボイコットには反対」[2021/04/08 05:56]

 アメリカ・オリンピック・パラリンピック委員会の会長が「北京オリンピックをアメリカ選手がボイコットすることには反対する」と発言しました。

 来年開催予定の北京オリンピックについて、アメリカ国務省の報道官が6日、人権侵害を理由にボイコットする可能性を示唆したことを受け、アメリカ・オリンピック・パラリンピック委員会のライオンズ会長は7日、「選手たちのボイコットには反対する」とオンラインの記者会見で発言しました。

 「確かに中国で起きている深刻な人権問題を軽視したくはない」としつつも、「これまでボイコットは国際問題に効果的ではなく、選手たちへのマイナスの影響が大きい」と主張しました。

 そのうえでアメリカとして違う手段で中国の人権問題に対処するべきだという考えを示しました。

こんな記事も読まれています