米“非公式”代表団の台湾訪問 中国は「断固反対」[2021/04/14 20:16]

 アメリカのアーミテージ元国務副長官らが台湾を訪問したことについて、中国の外務省は「米台のあらゆる公的往来に断固反対する」と批判しました。

 中国外務省は14日の会見で「アメリカと台湾のあらゆる公的往来に断固反対する」と述べたうえで「これは中国の一貫した明確な立場だ」と強調しました。

 さらに「蔡英文は中国の単なる地方レベルの指導者だ」とし、アメリカに対して「一つの中国」の原則を守るよう求めました。

 バイデン大統領が非公式の代表団として派遣したアーミテージ元国務副長官らは14日午後、台北に到着しました。

 15日に蔡英文総統と会談する予定です。

こんな記事も読まれています