中国「ワクチン打ち亡くなった」とデマ 女性を拘束[2021/04/21 23:38]

 新型コロナワクチンの接種が2億回を超えた中国で、SNSに「ワクチンを打った人が亡くなった」とデマを投稿した女性が拘束されました。

 南京市のサイバー警察は20日、「新型コロナウイルスワクチンを接種した人が亡くなった」とSNSに書き込んだ女性について「デマを流した」として7日間拘束したと発表しました。

 女性の実際の投稿を見ると、「ワクチンを打ってはいけない。健康な人が接種した後に亡くなった」とコメント欄に書き込んでいました。

 警察は「女性がワクチンは問題ないと分かりながらも人々の関心を引くために故意に書き込んだ」と供述したと明らかにしました。

 また、今後もこうした事案について法的に対処すると警告しました。

 中国の衛生当局は21日、新型コロナワクチンの接種が2億回を超えたと発表しています。

こんな記事も読まれています