中国軍に3隻の最新鋭艦 上陸作戦用の強襲揚陸艦も[2021/04/25 15:14]

 中国の習近平国家主席は海軍に主力艦艇3隻を引き渡す式典に出席しました。初の強襲揚陸艦も就役し、台湾などへの上陸作戦も想定しているとみられます。

 就役式は海軍創設72年となる23日に南シナ海に面した海南島の軍港で行われ、「海南」と命名された中国初の強襲揚陸艦と大型駆逐艦、原子力潜水艦の3隻が海軍に引き渡されました。

 式典では習主席が艦長に軍旗を授与し、自ら軍事力の増強を誇示しました。

 習主席はその後、艦艇の内部も視察しました。

 上陸作戦を担う強襲揚陸艦の就役で、南シナ海や台湾周辺への圧力もさらに強める狙いとみられます。

 中国軍は25日から30日まで南シナ海の海南島と西沙諸島の間の一部の海域で軍事訓練を行うとしています。

こんな記事も読まれています