沈没のインドネシア潜水艦「乗組員53人は全員死亡」[2021/04/25 23:34]

 53人を乗せたまま沈没したインドネシア海軍の潜水艦について軍は25日、乗組員全員が死亡したという見解を明らかにしました。

 乗組員53人を乗せたインドネシア海軍の潜水艦「KRIナンガラ」は21日未明、訓練のためバリ島沖を航行中に通信が途絶え、水深約850メートルの海域に沈没しました。

 軍は25日に記者会見し、音波による画像解析で沈没した潜水艦のかじやいかりなど複数の部品が海中で確認されたと明らかにしました。

 これまでの捜索でも潜水艦の破片が見つかっていて、軍はこれらの状況から乗組員53人について全員、死亡したと判断しました。

 軍は潜水艦が航行中に何らかのトラブルで停電し、制御を失って沈没した可能性があるとしています。

 今後は潜水艦の引き上げに向けた作業を進める方針です。

こんな記事も読まれています