タイ首相が“マスクなし”会議 約2万円の罰金支払い[2021/04/27 07:34]

 タイのバンコクでマスク着用が義務付けられた規制強化の初日に首相がマスクなしで会議に参加したと指摘され、罰金を支払う事態になりました。

 タイでは新型コロナウイルスの感染者の増加を受け、26日から首都バンコクでマッサージ店などが閉鎖されたほか、外出の際のマスク着用が義務化されました。

 しかし、タイのプラユット首相が26日に参加した会議の写真が首相のSNS上に投稿されると、インターネット上で「マスクをしていない」と指摘が相次ぎました。

 バンコクの知事はプラユット首相がマスクの着用を怠ったとして、約2万円の罰金の支払いを求めました。

 プラユット首相はこれに応じたということです。

 最大で約6万8000円の罰金となりますが、首相には初回の違反に適用される金額が科されたということです。

こんな記事も読まれています