英 来週から外出制限を一部緩和 屋内集会可能に[2021/05/11 09:29]

 新型コロナウイルスのワクチン接種が順調に進むイギリスでは外出制限の一部緩和が発表され、来週から屋内での集まりなどが認められます。

 ジョンソン首相は10日、ロンドンを含むイングランド地方で来週から外出制限を一部緩和すると発表しました。

 パブやレストランの店内営業が約半年ぶりに再開し、2世帯6人までであれば屋内で集まることも可能になります。

 イギリスでは成人の67%がワクチンをすでに接種し、10日には一日あたりの感染者は約2300人となり、死者は4人にとどまるなど感染状況が落ち着き始めています。

 また、イングランドの公衆衛生当局は10日、ワクチン接種により死亡率が大幅に低下するというデータを発表しました。

 アストラゼネカ製のワクチンについて1回接種した場合、死亡率が80%低下するということです。

 さらに、ファイザー製のワクチンについては1回の接種で80%低下し、2回の接種では97%まで死亡リスクを下げられるとしています。

こんな記事も読まれています