台湾で新たに207人感染 ロックダウン見越し混乱も[2021/05/16 16:27]

 新型コロナウイルスの感染が急拡大している台湾で新たに207人の感染者が確認されました。台北では、ロックダウンの可能性を見越した市民がスーパーなどで買いだめに走るなど一部で混乱も起きています。

 台湾の保健当局は16日、新型コロナウイルスの新規感染者が207人確認されたと発表しました。

 15日の感染者数は180人で、この週末だけで400人近い感染者が見つかる事態になっています。

 市中感染の広がりは主に変異ウイルスによるもので、保健当局はすでに感染者が集中する台北市と新北市の警戒レベルを引き上げ、28日までマスク着用の義務化や娯楽施設などを閉鎖します。

 台北市内では感染者の急増を受けてロックダウンの可能性を見越した市民らが、スーパーで食料品や生活必需品の買いだめに走るなど混乱も起きています。

こんな記事も読まれています