「パレスチナの子供殺すな」在日イスラム教徒が抗議[2021/05/21 23:33]

 イスラエルとイスラム原理主義組織「ハマス」との停戦が発効しましたが、在日イスラム教徒が都内のイスラエル大使館近くに集まり、今後もパレスチナへの弾圧をやめるよう訴えました。

 イスラエル政府とハマスとの停戦は、日本時間の21日午前8時に発効しました。

 一方、在日イスラム教徒ら約500人が21日午後、都内のイスラエル大使館近くに集まり、イスラエルが今後も武力などでパレスチナを迫害しないよう訴えました。

 日本在住イスラム教徒:「パレスチナの子どもたちを犬猫みたいな扱いしないで下さい。人間の子どもですから、人間として大事にして下さい」「皆、イスラームで仲間で誰の国のためではなくて、ムスリムたちは色んな日本から皆、声上げて戦争やめる。パレスチナの子どもたちを殺すのをやめさせるために、きょう集まりました」

 これまでにパレスチナ側では子ども65人を含む、232人が死亡し、イスラエル側でも12人が死亡しています。

こんな記事も読まれています