G7財務相会合 法人税の最低税率15%以上で合意[2021/06/06 06:36]

 G7(主要7カ国)の財務相会合が閉幕し、国際的な法人税の最低税率を少なくとも15%とすることで合意しました。

 G7財務相会合は、約2年ぶりに対面で開催されました。

 共同声明では、国際課税の強化について各国共通の法人税の最低税率を少なくとも15%とすることで合意し、従来の法人税の引き下げ競争からの転換を打ち出しました。

 また、巨大IT企業などの税逃れを防ぐため、市場となる国が適切に課税できることでも合意しました。

 麻生財務大臣:「大きな進展があった。よくここまで来られた」

 麻生財務大臣は、G7が国際課税ルールで合意できたことで来月のG20での合意に向けて機運が高まったと手応えを強調しました。

こんな記事も読まれています