「サイバー攻撃の身代金の大部分を奪還」米政府[2021/06/08 10:11]

 アメリカ最大級の石油パイプラインがサイバー攻撃を受けて全面的に停止した事件で、アメリカ政府はハッカー集団に支払われた身代金の大部分を回収したと発表しました。

 司法省のモナコ副長官は7日、ロシアを拠点とするハッカー集団「ダークサイド」について、「きょう、形勢が逆転した」と述べました。

 ダークサイドは先月、石油パイプライン「コロニアル」へのサイバー攻撃の末、身代金として当時4億8000万円相当の仮想通貨、約75ビットコインを受け取ったとされています。

 司法省などによりますと、ダークサイドが身代金集めに使っていた暗号資産の口座を特定し、約64ビットコインを奪還したということです。

 モナコ副長官は、「新たに立ち上げたタスクフォースによる初めての作戦だった」と成果を強調する一方、企業などに対して対策の強化を呼び掛けています。

こんな記事も読まれています