G7を前に…「反中同盟は見かけ倒し」中国メディア[2021/06/10 19:49]

 G7サミットが11日に始まるのを前に中国の国営メディアは「反中国同盟は見かけ倒しだ」などと批判的に報じています。

 国営の中国中央テレビはアメリカのバイデン大統領がヨーロッパに向けて出発したと報じ、「同盟関係の強化が狙いだ」と指摘しました。

 そのうえで「米欧関係はもはや過去には戻れない」との見方を伝え、同盟の重要性は低下したと論評しています。

 国営の新華社通信は「反中国同盟は見かけ倒し」とのタイトルでバイデン大統領の狙いは中国だとする一方、「同盟国は必ずしもアメリカと同調していない」という専門家の分析を伝えました。

 「バイデン大統領は同盟がまだ存在すると思っているが、同盟国はすでに遠くへ行ってしまった」と指摘しています。

こんな記事も読まれています