アマゾン創業のジェフ・ベゾス氏退任 20日に宇宙へ[2021/07/06 08:53]

 アメリカのIT大手「アマゾン」の創業者、ジェフ・ベゾス氏が経営トップから退きました。

 ベゾス氏は創業から27年を迎える5日付でCEO(最高経営責任者)を退任しました。

 1994年に西部ワシントン州でアマゾンを設立し、世界一のインターネット通販サイトに育てました。

 後任には、アマゾンのクラウドサービス部門を率いてきたアンディ・ジャシー氏(53)が就きます。

 ベゾス氏は今月20日に自身が設立した「ブルーオリジン」のロケットで宇宙旅行を計画するなど、今後は宇宙開発事業に力を注ぐとみられます。

 ベゾス氏は資産総額約22兆円と世界一の資産家で、おととし、妻のマッケンジー・スコットさんと離婚し、4兆円相当を支払ったと伝えられていましたが、直近の1年間で資産を約64%増やしています。

こんな記事も読まれています