日本からのワクチンフィリピン到着 大統領が出迎え[2021/07/09 16:28]

 日本政府から無償で提供された新型コロナウイルスのワクチン約100万回分がフィリピンに到着し、ドゥテルテ大統領自ら出迎えました。

 日本政府からフィリピンに無償で提供されたのはアストラゼネカのワクチン約100万回分で、8日午後9時ごろ、首都マニラの空軍基地に到着しました。

 ドゥテルテ大統領もワクチンの到着を現地で出迎え、「日本は私たちの強力なパートナーであり続けている」としたうえで、日本政府に対し感謝の意を述べました。

 フィリピンではワクチン接種が十分に進んでおらず、保健当局によりますと、少なくとも1回の接種を終えた人は人口の約8.5%にとどまっています。

 日本政府はこれまでに台湾やインドネシアなどにもワクチンを提供していて、9日にはタイにもワクチンが到着する予定です。

こんな記事も読まれています