PK外した英選手らに人種差別の投稿 英首相らが非難[2021/07/12 19:26]

 サッカーのヨーロッパ選手権の決勝でPKを外したイングランドの選手にネット上で人種差別的な攻撃が相次ぎ、ジョンソン首相らが非難しました。

 11日にロンドンで行われたヨーロッパ選手権の決勝ではPK戦の末、イタリアがイングランドを破り、優勝を果たしました。

 試合直後からSNSなどではPKを外したイングランド代表の3人の選手に対する人種差別的な投稿が相次ぎました。

 この状況を受けてイングランドフットボール協会は声明を発表し、「このような不快な態度を取る人たちをサポーターとして受け入れられない」と主張しました。

 そのうえで、SNSの運営企業に対して「こうした人たちをプラットフォーム上から排除するために行動する必要がある」と訴えました。

 さらに、ジョンソン首相もツイッターで「イングランド代表はソーシャルメディアで人種差別されるのではなく、ヒーローとして、たたえられるに相応しい。こうしたひどい攻撃をした人たちは自分自身を恥じるべきだ」と非難しました。

 また、ロンドン警視庁も「受け入れられない」として捜査する方針を示しています。

こんな記事も読まれています