韓国 受験生ら65万人に“優先ワクチン”開始[2021/07/19 20:00]

 大学入試が「人生を左右する」とまでいわれる激しい受験戦争が行われる韓国で受験生への新型コロナワクチンの優先接種が始まりました。

 優先接種は19日、この冬に大学入試に臨む高校3年生や高校の教職員など約65万人を対象に始まりました。

 接種間隔の短いファイザー製ワクチンを使用し、今月末まで280カ所余りの接種センターで同意した人に接種を実施します。

 韓国では国民の3割以上が少なくとも1回の接種を終えていますが、今月に入ってから新規感染者が連日1000人を超えるなど感染拡大の「第4波」が深刻化しています。

こんな記事も読まれています