ベラルーシ陸上選手 羽田空港で強制帰国を拒否[2021/08/02 03:32]

 東京オリンピックに出場しているベラルーシの陸上選手がコーチへの批判を理由に帰国を命じられたため空港で帰国を拒否し、警察に保護を求めました。

 ベラルーシのクリスチナ・チマノウスカヤ選手(24)が1日、羽田空港に連れて行かれた際、帰国しない意思を示して警察に保護を求めました。

 手続きの不備でチームメイトに出場資格がないことが発覚し、代わりに自身が予定になかったリレーへの参加を命じられたためSNSで代表コーチを批判したことが強制帰国の理由だとしています。

 帰国すれば投獄される可能性もあると訴えていて、亡命先を探すとしています。

 チマノウスカヤ選手はANNの取材に対して「私が今いる場所は安全です。後の事柄についてはあす以降に弁護士を通じてお伝えします」とコメントしました。

こんな記事も読まれています