米 接種率低い州に患者が集中 デルタ株で感染拡大[2021/08/05 10:48]

 新型コロナウイルスのデルタ株が広がるアメリカで、感染対策に後ろ向きとされワクチン接種率の低い州に患者が集中しています。

 アメリカ政府の担当者によりますと、先週の新規感染者数の3分の1をフロリダ州とテキサス州が占めたということです。

 2つの州は、ともに共和党選出の州知事がワクチン接種やマスクの義務化に後ろ向きな姿勢を見せていて、バイデン大統領も「有権者にとって良い判断ではない」と苦言を呈しています。

 フロリダ州では現在、約1万1500人が新型コロナで入院していて、ピークだった去年の夏を上回りました。

 集中治療室の病床も86.5%が埋まっているということです。

 先週、学校でのマスク義務化を阻止する命令に署名した州知事に感染拡大を招いたとの批判が高まっています。

こんな記事も読まれています