米、ワクチン3回目接種を承認 免疫力低下の人対象[2021/08/13 19:30]

 免疫力が低下している人に3回目のワクチン接種が認められました。

 アメリカのFDA(食品医薬品局)は12日、ファイザー社とモデルナ社の新型コロナワクチンについて、「持病などによる免疫不全の患者」を対象に3回目の接種を承認しました。

 追加の接種により、予防効果が高まる可能性があると判断したとしています。

 免疫に問題のない人は現時点で追加接種は必要ないとしていますが、新型コロナ対策の責任者であるファウチ氏は追加接種が全員に必要になるとの認識を示しています。

こんな記事も読まれています