タリバンが“勝利宣言” 空港に市民押し寄せ大混乱[2021/08/16 10:40]

 アフガニスタンで反政府武装勢力「タリバン」が首都カブールを掌握し、勝利を宣言しました。

 タリバンは15日、アフガニスタンの首都カブールに進攻し、大統領府を占拠しました。

 タリバンの指導者の一人のバラダル師は滞在先のカタールからビデオ声明を出して勝利を宣言しました。

 一方、ガニ大統領はすでに国外に脱出していて、SNSを通じて「流血を避けるために国を離れた」と釈明してタリバンの事実上の勝利を認めました。

 カブールではアメリカをはじめ、各国の外交官らが退避を進めていますが、空港の滑走路に市民が押し寄せて飛行機が離陸できなくなるなど混乱する様子が見られます。

 タリバンの首都制圧は、アメリカなどの攻撃で旧タリバン政権が崩壊して以降、約20年ぶりとなります。

こんな記事も読まれています