米が“コロナ発生源”を近く発表へ 中国は反発[2021/08/24 20:14]

 アメリカ政府が新型コロナウイルスの発生源に関する報告書を近く発表することについて、中国外務省は「結論を先に決めて証拠を集めたものだ」と反発しました。

 ホワイトハウスのサキ報道官は23日、バイデン大統領が情報機関に指示したウイルス発生源の解明に向けた報告について数日ほどで公開されるとの見通しを示しました。

 これに対し、中国外務省は24日の会見で「結論を先に決めてから証拠を集め、罪を着せようとするもので全く信用できない」と反発しました。

 さらに「アメリカは政治的な目的のために発生源問題で情報機関を使っている」と述べました。

 2019年末に武漢から最初に広がった新型コロナについて、中国政府はアメリカの研究所が原因との独自の主張を繰り返しています。

こんな記事も読まれています